血糖値活性酸素が関係していた
インスリンの分泌を向上させる
糖尿病の悩みなら
水素サロン GENKI サンプル

インスリンは膵臓で作られる

血糖値とは血液中のブドウ糖の割合のことで、ブドウ糖を細胞内に取り入れるのに大切なものがインスリンです。体内で発生した活性酸素が膵臓の細胞を酸化させてインスリンの分泌を低下させてしまっていたのです。

活性酸素が膵臓を酸化させていた
Check!
血糖値の急激な変化が問題
インスリン注射や薬投与では膵臓を活発には出来ない
Point
1

病院では根本的な原因を解決していない

病院で糖尿病と診断されてしまうと血糖値を気にする生活が始まりますよね。

自身で血糖値を調整出来ないからインスリンや薬で手助けをしていますが、根本的な原因の膵臓を元気にしているわけではない。

 

Point
2

健常者でも低血糖にはなります

服薬をしている方に限らず低血糖は起こりますので適度な運動やバランスの良い食事など日々の生活の中で気を付けることがとても大切です。

糖尿病で病院に受診して服薬中の方は、水素を取り入れて活性酸素を減らして膵臓の働きを活発にすることも有効だと思われます。

Point
3

糖尿病or糖尿病予備軍

自分の身体が活性酸素によって錆びて(老化)きているということは、各臓器でも同じように老化が進んでいることになかなか気が付かないものです。

糖尿病は今や国民病と言われるほど多くなってきており、病院で糖尿病と診断されなくてもギリギリ糖尿病になっていない予備軍もとても多いのが現状です。

適度な運動や適切な食事などを心掛けることも大切ですが、年々増加してしまっております。

Check!
身体が錆びる(酸化)= 老化・病気
身体が酸化することで老化や病気が進行していくことで体が不調になる
Point
1

老化や病気は活性酸素が増えすぎたことが原因

活性酸素が大量に増えて細胞が酸化していき、臓器の働きが悪くなったり代謝が悪くなったりして身体に様々な影響を与えてしまうのです。

また血液の中にも活性酸素が溜まって血流が悪くなったりして、血管がもろくなったりしてしまうのです。

 

Point
2

善玉活性酸素悪玉活性酸素がある

体内で発生する活性酸素には善玉活性酸素悪玉活性酸素があり悪玉活性酸素が体内で大量に増えてしまうと、細胞を錆びつかせて損傷させてしまうなどのあらゆる疾患の原因となってしまうのです。

善玉活性酸素は体内に侵入した細菌やウイルスを撃退してくれたりして身体にはとても大切です。

水素悪玉活性酸素のみに反応するという特性を持っております

Point
3

精神的な不調も活性酸素が関係

精神的なストレスや自律神経の乱れなどは、活性酸素が血管の細胞を酸化させて血液の流れを悪くすることが原因だと判明されている。そしてうつ状態や不眠症などを引き起こしてしまう。

水素を取り入れることにより活性酸素を除去して血管の細胞を修復すれば血流が改善するのです。

病院に受診中でも 水素 は安心です
お気軽にお電話でご連絡ください
0566-97-3997 0566-97-3997
受付時間:10:00~19:00

身体を錆びさせない作用

膵臓の働きを活発にする

水素は薬ではないので治すことは出来ませんが、活性酸素のよってダメージを受けた細胞から活性酸素を消去して自然治癒力を活発にするのが目的です。勿論、普段からの食事や運動などの生活習慣を見直すことも大変重要です。

水素サロンGENKI

愛知県 安城市

水素の可能性

01.

特徴

悪玉活性酸素のみを消去する

人は日々生活している中で体内に活性酸素を発生してしまうのですが、活性酸素は体に良い作用をしてくれる「善玉活性酸素」と体に悪影響を与えてしまう「悪玉活性酸素」があります。

水素は( H+O=H2O 水 )活性酸素と反応して中和して体外へ排出してくれるのですが、なんと悪玉活性酸素のみに反応するのです。

これが水素の素晴らしい一つです。

悪玉活性酸素

02.

特徴

身体中どこにでも浸透する力

水素は他にはない極小の物質なので他の物質などでは届かなかったところまで浸透してくれるのです。

臓器の奥深くやお肌の深層部は勿論、脳の奥や骨、血液、各細胞の中までも容易に浸透していきます。

どこにでも浸透して悪玉活性酸素を消去することにより血流を改善したり細胞の中まで浸透して細胞を活性化することにより病気や老化、お肌などの美容面の根本原因に作用してくれます。

 

細胞

03.

特徴

副作用のない安心安全

病院などで薬を処方されても副作用があるのですが、水素は副作用がありませんので安心して使用することができます。

小さなお子様から高齢者まで使用が可能ですし、小型のペットでも安心です。

服薬中の方でも併用して使用して頂くことも可能です。

お子様
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事